あっこのブログ

おばちゃん探偵、法科大学院に学ぶ。

Date:2012.03.26(Mon)18:40 | Category:[未分類]

タスマニア

 正月の旅行は寒いところに行くのは嫌なので、赤道付近か南半球が
多くなりますが、既に行ったところも多く、今回はなかなか行き先が
決まりませんでした。
 「ペルーにしようか?」
 「20時間以上も飛行機に乗ってるのはイヤや。タヒチぐらいやったら
いいけど」
 「タヒチの海でボーっとしてたら、勉強せなあかんという強迫観念に
かられるからイヤや。なんの気分転換にもなれへん。タヒチだけじゃなく、
イースター島まで行くんやったらええけど」
 「モアイ以外なんにもないやんか」
 「ほんだらマダガスカルは?」
 「シャワーもろくに浴びられへんとこはイヤや。まだ行ってへんとこと
いったら、ミャンマーかタスマニアやなぁ」
 「ミャンマーは受験前の来年においといて。しゃーないなぁ、ほんだら
タスマニアで手ぇ打とか」
 「司法試験を受験する来年も、まだ旅行に行こうとしてるか?!」
 「ムム、正月の旅行は30年来の習慣になってるので…」
 てな根拠の薄い言い訳をしながら、結局タスマニアに決めました。
 タスマニアはメルボルンの南、北海道より一回り小さい広さの
南氷洋に浮く島です。州都ホバートから海岸沿いに沿って、有名な
世界遺産クレイドルマウンテンまでほぼ1000km、レンタカーで回ってきました。

IMG_1197.jpg
 サラマンカマーケット。土曜日だけ開催されるホバートで一番にぎやかなマーケット

IMG_1239.jpg
     入港を知らせる信号所があったネルソン山から見るホバートの町

IMG_1305.jpg
                    世界遺産、ポートアーサー流刑場跡

 タスマニアはシドニーに継ぐ歴史を持つ場所で、イギリスからの囚人の
流刑地として利用されてきました。タスマニアの多くの町や道路は囚人達に
よって建設され、発展してきました。
 囚人は、政治犯はもちろんのこと、十代の少年まで様々。少年たちは
過酷な児童労働の中、ひもじさに耐えかね、コッペパンひとつ盗んで、
懲役16年!まさにマルクスが資本論を書き、オリバーツイストが描かれた
時代の話です。

IMG_1316.jpg
    独房を覗き込んだ途端に咳が聞こえて、ちょっと鳥肌ものでした。

IMG_1344.jpg
      ポートアーサーへの途中にある、風と波の侵食でできたタスマンアーチ

IMG_1373.jpg
                        リッジモンドにあるリッジモンド橋
                   これも囚人が作ったオーストラリアでもっとも古い橋。
                   建設当時、過酷な作業監督官を囚人たちが川に落として
                   殺したという伝説を持つ橋で、夜な夜な幽霊が出るとの噂。
                   でも日中は、なんとも麗らかな田園地帯でした。

IMG_1410.jpg
                         スワンシー、オイスタービーチ
             スワンシーは、牡蠣の養殖で有名。タスマニアオイスターは、
             とってもミルキーで1ダースでもペロリ。
             ここの牡蠣は1950年代に日本から輸入したとのこと。

IMG_1462.jpg
                     地元の人もフレッシュオイスターが大好き

IMG_1402.jpg
              スワンシーにあるモーリスストア。1838年から営業

IMG_1444.jpg
           フレシネ国立公園。右上奥にかすかにワイングラスベイが見える

IMG_1447.jpg
                           鯨を探してる人が結構いた

IMG_1467.jpg
           ピシェノのロッジ。敷地内に夜中ペンギンがやってくる
           フラッシュがたけないので、実際のペンギンは撮れませんでした

IMG_1484.jpg
                           ペンギンが上がってくる浜

IMG_1489.jpg
                                ペンギンの足跡

IMG_1522.jpg
IMG_1525.jpg
        魔女の宅急便のパン屋のモデルになった、ロスビレッジベーカリー

IMG_1528.jpg
             ロングフォード。豪農の屋敷、ウェルマーズエステート

IMG_1545.jpg
                         やっぱり牧畜で稼いでいたよう


IMG_1587.jpg
              ティマバレーにある世界最大のラベンダーファーム

IMG_1609.jpg
  ティマバレーで一番大きなワイナリー、バイパーズブルック・ヴァインヤード
         もう閉店だと、門を閉めるのをオーナーがわざわざ待ってくれていた

IMG_1640.jpg
  オーストラリアで3番目(シドニー、ホバートに次ぐ)に古い町、ローンセストン

IMG_1678.jpg
              ローンセストンの町のすぐ西側にある、カタラクト渓谷

IMG_1690.jpg
                        一路、グレイドルマウンテンへ
                  制限時速は110km。すれ違う車も少なく、
               ちょいちょいワラビーやポッサムが路上で事故死している

IMG_1701.jpg
                       もうすぐクレイドルマウンテン

刻々表情が変わる世界遺産クレイドルマウンテンとダブ湖

IMG_1833.jpg
IMG_1843.jpg
IMG_1859.jpg
IMG_1884.jpg
IMG_1889.jpg
IMG_1890.jpg
IMG_1904.jpg
IMG_1908.jpg

 ここは南半球、夏なのに、あまりにも寒い!セーターも
フリースもカッパも、あるだけの物を着てハイキング。
まるで雪ん子のようだと言われた。マ、可愛い表現だから許そう。
IMG_1832.jpg

IMG_1856.jpg
                          さぁ、ブッシュウォーキング

IMG_1892.jpg

 ダブ湖周遊のウォーキングコースは、クレイドルマウンテンの中でも
もっともポピュラーなコース。群生する植物も素晴らしい。

IMG_1841.jpg
IMG_1847.jpg
IMG_1849.jpg
IMG_1910.jpg
IMG_1853.jpg
                     パンダニ

IMG_1914.jpg
                         駐車場でハリネズミと遭遇!

IMG_1729.jpg
   デビルズアットクレイドルで保護されている、タスマニアンデビル
   名前のわりには可愛い。

IMG_1718.jpg

 タスマニアンデビルは、1996年に初めて報告された顔面が
ただれてくる伝染性のデビル顔面腫瘍によって、10年間で30%
まで激減し、現在、絶滅が危惧されています。タスマニアでは
何箇所かでデビルの保護施設があります。

IMG_1737.jpg
   だけど、うなり声は地の底から聞こえてくる悪魔の声のよう。夜中キャンプ中、
   この声を聞いた開拓者たちはきっと震え上がったに違いない

IMG_1776.jpg
                  ワラビーの足をがっつくタスマニアンデビル
                             やっぱり肉食なんや!

IMG_1743.jpg
                     超人気のクレイドルマウンテンロッジ

IMG_1742.jpg
                          部屋のそばまでワラビーが

IMG_1807.jpg
                  ロッジの敷地から行けるキリングビリーの森

IMG_1809.jpg
                     なんとも神秘的

IMG_1917.jpg
          クレイドルマウンテンから引き返し、再びローンセストンへ

IMG_1918.jpg
                    ローンセストン空港。麻薬犬が大活躍

IMG_1924.jpg
                        一路メルボルンへ
スポンサーサイト

[コメント]

管理人のみ閲覧できます 

  • posted by  
  •  
  • at 2013.08.13 01:19 
  • [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます


防大58期様へ 


 私の中学でも、先日、44年ぶりに有志だけが集まって中学のプチ同窓会をしました。先生がお元気なうちに、正式な同窓会をしようということになっておりますが、中学時代の同級生ともなりますと、消息が分からない人が多いですね。

 個人情報を保護することは、プライバシー保護にとって当然必要であり重要なことですが、社会的に個人を認識する氏名や住所、連絡先等、すべて伏せることが個人情報を保護する最善の方策だとは、私は思いません。
 いき過ぎた「個人情報保護」によって、災害のときにクラスの名簿や連絡網さえなく、避難が混乱したといったことが問題になったりしておりますが、調査業という業に携わっていますと、あまりにも「個人情報保護」が叫ばれて以降、履歴書詐称が横行し(出身学校や前職の在籍確認等がとりづらくなっているので、嘘八百を書いた者が勝ちとなったり)、新規取引の場面でも身元確認がとりづらくなってきている(従来はこういったケースでは、堂々と住民票等を申請し、本人を公証する手段として使われてきましたが、今やどこの誰か分からない人と取引しないとならなくなり、怖くて紹介ではない新規取引は萎縮する傾向にあります)のを目の当たりにいたします。
 そういう意味で、現在の「個人情報保護制度」をこのまま遂行すれば、検証する手立てがまったくなくなり、日本社会は嘘をついた者勝ちになってしまうのではないかと、心ある調査業者の仲間達と心配しております。
 現在、いき過ぎた「個人情報保護」は、包丁を凶器として殺人事件が起こったから、包丁すべてをなくしてしまえと言っているのと同じです。包丁すべてをなくしてしまうのでなく、包丁が誤った方向に使われることを阻止する方策を考えるべきだと感じています。

 ところで、防大58期様は、中学の同窓会が40年ぶりという年齢面を考えると、実際に防大58期卒ではないですよね? ちなみに、私の弟は防大22期卒です。


↓コメント投稿はこちらからどうぞ

管理者のみ表示。

[Trackback]

Menu

プロフィール

佐藤あつ子

Name:佐藤あつ子
大阪府出身。奈良教育大学を卒業後、自らの「思い出の人を探したい。しかし、あまりにも料金が高すぎる」という経験から、従来のイメージを払拭した調査業者を目指し、昭和63年10月「初恋の人探します社」を創業。思い出の人探し(所在調査)をはじめ、家系図調査、企業調査など、長年培ったノウハウを元にした独自の調査方法で、判明率は90%以上を誇る。
また執筆活動においても大阪新聞に連載された「秘密のあつ子ちゃん 美人探偵・調査ファイル」のエピソードをまとめた「初恋の人、探します」(遊タイム出版)が、日本リスクマネジメント学会第3回RM文学賞を受賞。平成10年には松竹新喜劇において、同書を原作にした舞台「初恋の人探します社」(渋谷天外脚本)が上演された。
その他にも、ラジオ・テレビ出演、雑誌寄稿、起業家への創業支援や大学でのアントレプレナー養成などでの講演など、各分野において精力的に活動している。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム