あっこのブログ

おばちゃん探偵、法科大学院に学ぶ。

Date:--.--.--(--)--:-- | Category:[スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Date:2005.01.22(Sat)16:28 | Category:[未分類]

秘密のあっこちゃん調査ファイル:学生街の喫茶店(1)

これは1994年に出版された、佐藤あつ子著「初恋の人、探します」(遊タイム出版)に収録されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。

 関西でも指折りのマンモス校であるK大学前の喫茶店で、貴恵がアルバイトを始めたのは、十八歳、高校を卒業してすぐの春のことだった。
 喫茶店の名前は「シルクロード」。専門学校に通いながら働けるところを探していた時に、アルバイト情報誌で見つけた新装オープンの店で、自宅からもバイクで十五分ほどの場所にある。
「近いところがなにより」
 と面接に行き、即ウエートレスのバイトを決めてきた。
 私鉄の駅からK大学の正門まで、八〇〇メートルほどもある道の両脇は学生相手の店がびっしりと軒を連ね、本屋や喫茶店はもとより、雀荘や飲み屋の数も多く、通称”親不孝通り”とも呼ばれる学生街。貴恵の働く「シルクロード」もその中の一つで、間口の狭い細長い二階建てのしもた屋を改造したアンティークな喫茶店だ。白い壁に、焦げ茶の屋根と窓枠。エンジ色で統一したテーブルは、一階と二階合わせても十席ほどの小じんまりとした造りだった。
 マスターはシックなシャツを着こなした〝紳士″と呼ぶのがぴったりの温厚な人物だ。奥さんも上品なたたずまいの優しい人だった。しかし彼らは昼の忙しい時間帯だけ、たまに店に顔を出す程度で、経営のほとんどは二十五歳と二十三歳の二人の娘に任されていた。
 姉はウエーブのかかった長い髪を一つにまとめ、妹の方はショートにした髪からのぞく右の耳に金のリングピアスを二つしていた。女らしい姉と、いつもパンツルックで活動的な妹。対照的な姉妹だったが、貴恵は働き始めてすぐに、この二人と前からの友達同士のように仲良くなっていた。
 従業員は、貴恵以外にもう一人女の子がいて、夕方になると別の二人とチェンジすることになっている。扉を開けると挽きたての豆の香りと、カランカランというカウベルの音が迎えてくれるシルクロードへ、貴恵は平日の四日間通った。

 シルクロードはオープン当日から客の多くが学生だったが、一、二週間もしないうちに商経学部の溜まり場のようになっていた。
 そのほとんどが男子学生で、常連ともなると日に一度、多いときには二度、三度、下校時や授業の合間の空き時間、時には授業をさぼってはここに来る。しよっちゅう出入りしていたのは二回生の学生だったようだが、話す内容はたいがい授業内容や教授たちの批評、残り単位やどこのバイトの時給がいいかといったことだった。時には、男子に比べれば圧倒的に少ない女子学生の噂話や、品定めといった話になることもあった。
 学生たちは一人でやってきても、二階に置いてあるテレビゲームをしたり、マンガ本を読みながら時間をつぶしている。そのうちに仲間が顔を出す。待っていれば、グループの誰かがシルクロードにいたのだ。
 そうしたグループのうちの一つに「ヒゲさんたち」がいた。
 メンツは十人ほどで、やはり商経学部の学生たちだった。そのリーダー格の人物が「ヒゲさん」だ。本名は「南野」というらしいが、シルクロードに集まる誰もが、彼のことを「ヒゲさん」と呼ぶ。
 身長は一八五センチぐらい、体重は控えめに言ってもー〇〇キロ以上はあるだろう。がっしりとした肩の筋肉が盛り上がった太い腕。名前の通り、もみあげからつながったあごひげやくちひげを顔中に生やし、きまって大柄のペラペラズボンをはいている。山男のようなごつい風貌に、そのパジャマのようなズボンがアンバランスで、それが余計に彼を目立たせている。
 ヒゲさんを知らないものは、シルクロードのモグリとさえ言われる名物男で、毎日一度は必ず顔を見せる彼らのグループと、貴恵が親しくなるのに時間はかからなかった。
 彼らは「きえちゃん」「きえちゃん」と妹のようにかわいがってくれ、貴恵の知らない大学生活のことを面白おかしく話してくれた。デートに誘ってくる学生も多かったし、ひやかし半分ではなく、まじめに好意を示してくれる学生も何人かはいた。そうした連中には悪いが、そのころには貴恵の心はすでに一人の人間だけに向けられていた。
 それが「田中さん」だ。
 彼はある日、ヒゲさんたちに連れられてやってきた。シルクロードにはめずらしく、法学部の二回生とのことだった。出身が奈良で、彼と同郷の高校時代の友人がヒゲさんたちの仲間にいたことが、グループに加わったきっかけらしい。たしか一浪したとも聞いた。
「カツコいい!」
初めて彼を見た時思った。

<続く>
スポンサーサイト

[コメント]

↓コメント投稿はこちらからどうぞ

管理者のみ表示。

[Trackback]

Menu

プロフィール

佐藤あつ子

Name:佐藤あつ子
大阪府出身。奈良教育大学を卒業後、自らの「思い出の人を探したい。しかし、あまりにも料金が高すぎる」という経験から、従来のイメージを払拭した調査業者を目指し、昭和63年10月「初恋の人探します社」を創業。思い出の人探し(所在調査)をはじめ、家系図調査、企業調査など、長年培ったノウハウを元にした独自の調査方法で、判明率は90%以上を誇る。
また執筆活動においても大阪新聞に連載された「秘密のあつ子ちゃん 美人探偵・調査ファイル」のエピソードをまとめた「初恋の人、探します」(遊タイム出版)が、日本リスクマネジメント学会第3回RM文学賞を受賞。平成10年には松竹新喜劇において、同書を原作にした舞台「初恋の人探します社」(渋谷天外脚本)が上演された。
その他にも、ラジオ・テレビ出演、雑誌寄稿、起業家への創業支援や大学でのアントレプレナー養成などでの講演など、各分野において精力的に活動している。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。