あっこのブログ

おばちゃん探偵、法科大学院に学ぶ。

Date:2014.11.12(Wed)15:40 | Category:[未分類]

秘密のあっ子ちゃん(7)

  これは平成6年より大阪新聞紙上にて連載していた「秘密のあっ子ちゃん」に掲載されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。

 彼は四十一才、明石市在住で、勤務先は大阪市内です。彼はいつもJR明石駅を利用しています。
 今年の夏の初め、いつものように定期券を出して、明石駅の改札をくぐろうとした時、思わず足を止めてしまいました。
 年の頃なら、二十二、三。聡明そうで、それでいてとても暖かそうな、うら若き女性がJRの制服を着て改札に立っていたのです。それだけではなく、彼が改札を通る際に、彼女はにっこり笑って、「有難うございます」と言ったのです。社会人になって十九年此のかた、JRで「有難うございます」と大きな声で礼を言われたのは初めてです。 いつもはおもしろくもないというようなブスッとした表情で、乗降客を睨みつけるように突っ立っているだけの、自分と同じ年頃のおっさん(おっと、失礼。これはあくまでも依頼人の弁ですので、JRの職員の皆様、悪しからず)ばかりでしたので、彼女はとても新鮮ですがすがしい印象を与えたものです。
 彼女は明らかにJRに就職したての研修期間生であることが見て取れました。 こうなるとおかしなもので、朝早くからラッシュに揉まれる憂鬱な通勤が楽しみになってくるのでした。 彼女は、依頼人(41才)が初めて見た七月一日からずっと明石駅の改札に立っていました。そして、毎朝、彼が通る際には必ずにっこり笑って、「有難うございます」と言ってくれます。 もちろん、それは彼にだけではなく、乗車客全てに対してです。彼が観察するに、そのすがすがしさはいつも同じ電車に乗り合わせる通勤客に快い印象を与えているようでした。
 当然、彼とても同じです。明石から大阪まで、朝早くから満員の電車の中で人に押されながら新聞を読むのもままならず、ただじっと耐えるだけの苦痛の時間が彼女の笑顔があるだけで許せるような気分になるのです。身体がだるくてどうもエンジンがかかりにくい月曜日の朝や、二日酔いで頭痛のする朝は特にそうでした。
 ところが四ケ月が経って十一月に入った途端、彼女の姿は改札から消えてしまいました。研修期間が終わったのだろうということは容易に想像できましたが、彼女がいなくなると、前にも増してラッシュの苦痛を感じるようになったのは不思議なものです。
 彼はその苦痛の通勤時間に、彼女は今、どの駅で働いているのだろうかというようなことをよく考えるようになりました。
 依頼人(41才)にしてみても、JRの研修期間で改札に立っていた二十二、三才の女の子とつきあいたいと思った訳ではありません。憂鬱な朝の通勤に一服の清涼剤のようなすがすがしい印象を与える彼女が、今どこでがんばっているのか、それをちょっと確かめておきたいと思ったのです。
 彼は改札を通るとすぐ横にあるキヨスクで、毎日新聞を買います。キヨスクのおばさんに彼女のことをそれとなく聞いてみました。おばさんは駅のことは知らぬがことがないくらい色々なことをよく知っているというのは、長年の会話の中で分っていました。
 さすが、おばさんは彼女のことも知っていました。名前もどこの大学卒なのかも出身地がどこなのかも。
 「それが、今はどこの駅にいるの?」
 彼は尋ねました。
 「さぁ、それは聞いてないけど、また助役さんにでも聞いておいてあげようか?だけど、そんなこと聞いてどうすんの?会いにでも行くの?」
 おばさんにそう言われて、「まさか!そんなつもりで聞いてんのと違う。ただ感じのええ娘やったから、どうしてんのかなと思っただけや」と、彼は慌てて答えました。
 キヨスクのおばさんにひやかされて、依頼人(41才)は彼女のことを助役に聞いてあげようかという申し出も思わず断ってしまいました。
 ところが、彼女の名前も広島出身で阪大卒だということも分ってくると、彼女がどこの駅でがんばっているのかが気になってきました。
 しかし、おばさんに再度尋ねるのは、「やっぱり下心があるんだな」と思われそうで嫌でした。そこで、当社に依頼してきたという訳です。
 JRでは、案の定、彼女の個人的な情報については、プライバシー保護のため調査拒否でしたが、大学名が分っている上に、広島県出身だということも分っていましたので、意外に早い時期に彼女の実家や現在の職場が判明してきました。彼女が今どの駅にいるのかは、彼女に支障があってはいけませんので、ここでは明らかにできませんが、大阪よりそれ程遠くない駅の一つでした。
 今、彼は仕事でそちら方面へ出向いた時、時節その駅でわざわざ降りて、「やぁ、元気?」と彼女に声をかけています。もちろん、彼女はにっこり笑って、「有難うございます」と返してくれているのは言うまでもありません。
 
<終>
スポンサーサイト

[コメント]

↓コメント投稿はこちらからどうぞ

管理者のみ表示。

[Trackback]

Menu

プロフィール

佐藤あつ子

Name:佐藤あつ子
大阪府出身。奈良教育大学を卒業後、自らの「思い出の人を探したい。しかし、あまりにも料金が高すぎる」という経験から、従来のイメージを払拭した調査業者を目指し、昭和63年10月「初恋の人探します社」を創業。思い出の人探し(所在調査)をはじめ、家系図調査、企業調査など、長年培ったノウハウを元にした独自の調査方法で、判明率は90%以上を誇る。
また執筆活動においても大阪新聞に連載された「秘密のあつ子ちゃん 美人探偵・調査ファイル」のエピソードをまとめた「初恋の人、探します」(遊タイム出版)が、日本リスクマネジメント学会第3回RM文学賞を受賞。平成10年には松竹新喜劇において、同書を原作にした舞台「初恋の人探します社」(渋谷天外脚本)が上演された。
その他にも、ラジオ・テレビ出演、雑誌寄稿、起業家への創業支援や大学でのアントレプレナー養成などでの講演など、各分野において精力的に活動している。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム