あっこのブログ

おばちゃん探偵、法科大学院に学ぶ。

Date:--.--.--(--)--:-- | Category:[スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Date:2015.07.06(Mon)16:57 | Category:[未分類]

秘密のあっ子ちゃん(13)

 これは平成6年より大阪新聞紙上にて連載していた「秘密のあっ子ちゃん」に掲載されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。

 阪神大震災で甚大な被害を受けた被災地では徐々に本格的な復旧が始まっています。
 そんな中、当社では先週あたりから私が考えてもみなかった問い合わせが相次いで入り始め、当社の社会的責任に改めて身を引き締められる思いをしています。 それは、被災地にいる知人の安否や消息を求めている方の問い合せです。
 もちろん、肉親や親せき、親しい友人など、詳しい住所や電話が分っておられる方は独自の努力で安否の確認をされています。
 また、当社に問い合せされてきた方の中でも、きっちりした番地まで分らなくてもある程度の町名ぐらいまでが分っておられる方には、その近所の避難所の場所や安否確認ができそうな機関名をお教えさせていただいています。
 しかし、問題は、「被災地の中にいるのは間違いないけれど、詳しい住所や連絡先を全く知らない」というケースです。
 彼らは何とか安否を確認しようと、この二週間いろいろと努力されてきました。しかし、詳しい住所が分らなければ確認しようもなく、切羽詰まって当社に相談に来られた方がほとんどなのです。
 被災地にいるはずの知人の安否を心配して当社に相談に来られている方のほとんどは、相手の詳しい住所や連絡先を知らない方でした。
 例えば、五年前に駆け落ちした娘さんのことで来られたお父さんの場合。「娘が家出した直後に何とか見つけ出し、家へ連れ戻したが、再び男を慕ってすぐに家を出た。これまでは自分で気づかない限り戻って来ないだろうと、娘のことは諦めていたが、二年前、最後に来たハガキの消印が神戸になっていたので、とても心配している…。」
 例えば、料理店を経営している女主人の場合。「長年勤めていた調理士が年末に独立したいと店を辞めた。実家の店を改装して商売を始めると言っていた。彼の独立には自分も異論はなかったので何かと応援しようと考えていたが、『ある程度めどがつくまで一人でがんばる、それまでは連絡してくれるな』と本人が強く言うので、実家の詳しい住所を聞いておかなかった。その実家は長田区にあるはず。こんな情況でも連絡してこないのは何かあったのではと思い、気がかりでしかたない…。」
 例えば、四十五才の男性の場合。「二十年前に七年程つきあった彼女の嫁いだ先が西宮市のはず。実家に様子を尋ねようとこしたが、既に引っ越していた。無事かどうか気になって眠れない…。」などなどです。
 二十五才のA君の場合はこうでした。
 彼女を知ったの一年前のことです。ずっと通っていたテニスコートでいつも顔を合わす彼女を、初めてお茶に誘ってから交際を始めるのにそれほど時間はかかりませんでした。
 彼女は彼と同い年の二十五才。彼女は、三年前、大学を卒業する直前、就職先のことやそのころつきあっていたボーイフレンドのことで両親ともめ、それをきっかけに東灘区の実家を出て大阪で一人暮しをしていました。
 つきあい始めて半年が経ったころ、A君は些細なことで彼女と口論しました。  それから二週間、彼女からは全く連絡がきませんでした。
 A君は自分が悪いとは思っていませんでしたが、少し言い過ぎた気もして、そろそろ電話してみようかと考えていました。
 そんな矢先、彼女から連絡が入ったのです。
 「人事移動があって、三宮支店に変わることになった。大阪からでは通勤に疲れるので、実家へ帰る」というものでした。
 「また連絡してこいよ」彼はそう言って電話を切ったのです。
 それが、昨年の十二月初めのことでした。
 それほど激しい恋ではありませんでした。楽しく遊べるガールフレンドの一人くらいしか思っていませんでした。だから、「人事異動があって、東灘の実家に戻る」と彼女(25才)から電話があった後、ひと月以上も連絡が来なくてもさほど気には止めていませんでした。最後に口論したせいもあって、連絡があったらあったで、またなければなかったでいいと思っていました。一月十七日までは。 阪神大震災の当日、初めは経験したこともない大きな揺れに驚いていただけの彼(25才)ですが、刻々と画面に映し出される神戸市の惨状に、「彼女はどうしているか」と気になり始めました。そうなると、テレビの前から離れることができなくなったのでした。 十八日になると、東灘区でも火災が発生し、それはみるみるうちに大きくなっていきました。時間を経るごとに増えていく死亡者の、その発表される名簿を食い入るように見つめていました。彼女の名前はありませんでしたが、彼はもうろくに眠ることができなくなってしまいました。
 震災から五日目、土曜日に彼は被災地へ向いました。彼女の実家が東灘区のどこにあるかは全く分りませんでしたが、とてもじっと家でニュースなどを見ている気にはならなかったのです。 彼女とは十回ほどデートをしていました。知り合ったテニスコートでプレイしたり、食事に出かけたり、カラオケボックスにも二、三度行きました。いつもたわいのないのないことを話して笑い、楽しく騒ぐだけでした。今にして思えば、彼女を探すのに、手がかりになるようなことは何ひとつ聞いていませんでした。彼が彼女について知っていることと言えば、ひとりっ子で、実家が東灘区にあり、大学卒業をするまでずっとそこに住んでいたこと、仕事は事務職で週休二日であること、そしてテニスとカラオケが上手だということだけなのです。実家の住所はもちろん、大阪の彼女のアパートの住所も電話も大学名も会社名も聞いていなかったのです。いや、そんなことに無関心だった自分が悔やんでも悔みきれませんでした。
 一月二十一日、彼は何とか運行している阪神電車で甲子園まで行き、四十三号線沿いを西へ歩いていきました。甲子園球場から少し歩くとすぐに、落下している阪神高速が目に入りました。テレビが映し出していた、バスが宙ぶらりになっていた現場だとすぐに分りましたが、それを見ると余計彼女のことが心配になり、今津あたりから二号線の方へ入っていきました。しかし、住宅地はもっと衝撃でした。完全に倒壊している木造家屋、駐車場になっている一階が潰れて傾いたマンション。瓦礫に埋まった車…。テレビの映像とは比べものになりませんでした。そしてそれは芦屋、東灘へと西へ歩くにつれてもっとひどくなっていくのでした。 彼は深江から魚崎、そして北へ向って住吉あたりまで歩きました。何ケ所もの避難所に行き、彼女の姿がないかを探し回りました。初めから分っていたことでしたが、彼は一日中歩き回って、彼女を探すなど、到底無理だと悟ったのでした。 あてもなく東灘区を歩き回ったあの日から、彼(25才)は祈るような思いで、ただひたすら彼女からの連絡を待っていました。ただ一言でいいのです。「無事だ」という言葉だけで…。 でも、彼女からの連絡は全く入ってきません。
 落ち着かず受話器の前を行ったりきたりし、「どこかへ避難していて、俺のとこへ連絡してくるような情況ではないんだ」と考えてみても、いらいらは収まりませんでした。
 思い余って、彼は当社にやってきたのでした。
 私は、彼の話を聞くやすぐに東灘区の彼女の苗字の家へ電話をかけるよう、スタッフに指示しました。
 電話は何とか通じるようになっていましたが、やはり電話口に出られるお宅は限られています。しかも、その中には彼女の実家はありませんでした。
 帰りずらそうにその作業を見ていた彼も、「何とかよろしくお願いします」と言い残して帰っていきました。
 私達は電話連絡が取れなかった彼女と同姓の家を、東灘区の住宅地図でピックアップしていきました。
 明日から、私達はそのピックアップしたお宅と近くの避難所へ、彼女を探しに東灘区に入ります。
 それは昨年の夏の盛りのこと。四十才前後の男性が当社にやってきました。見るからに律義そうな人で、言葉づかいからも彼の誠実さが伺がわれました。職業はエンジニアでした。
 彼は同い年の女性を探していました。いえ、住いは知っていたのです。彼は「彼女の勤務先をつきとめたい」と言いました。
 彼女は三十九才。結婚して、三人の子を儲けましたが、彼と知りあったころには既に離婚していました。女手一つで、十七才を頭に三人の子供達を育てていました。
 彼と知りあったのは二年前でした。十三のアルサロでした。
 何回か通ううちに、彼は彼女と話していると何故かホッとする自分に気づきました。彼女もまた自分の身の上話を彼にするようになっていきました。彼女は、そんな商売のわりには色気で売る訳でもなく、さりとて無愛想でもなく、何かしら居心地のいい気分にさせてくれる人でした。いつも控え目でさほど美人でもないのに、彼女の存在が彼の心の中に次第に根を降していきました。
 彼女は十三のアルサロから料亭、キタのスナックと、一年あまりの間に店を転々と変えていきました。
 一年あまりの間に転々と店を変わる彼女(39才)について、彼(39才)もまた出入りする店を変えていきました。
 彼女は彼の人柄に絶大な信頼を寄せ、次第にあらゆることを相談するようになりました。子供の進学のこと、店での人間関係のこと、はては自分の生命保険のことまで…。
 彼はその都度彼女の相談相手になり、ある時などは次に入る店の保証人にもなってあげました。
 昨年の春の初め、彼女はずっと浮かない顔をしていました。事情を聞くと、店から持たされた口座の未収が百万円を越えてしまった、今月中に何とかしなければならないと言うのです。
 彼女には急に動かせるまとまった金もなく、途方にくれていました。彼はその金を立て替えてあげたのでした。
 それから二週間ほどして、久しぶりに彼が店へ顔を出すと、彼女の姿はなく、店長は「一週間ほど休んでいる」と言いました。
 彼は早速、彼女の自宅に電話を入れました。
 彼女は本当に具合の悪そうな声で、「なんか疲れが出たみたい。微熱が取れへんのよ。はよ働かなあかんねんけど、もうちょっと無理みたい。店に出る時は連絡するわ」と言ったのでした。
 彼女が店から受け持たされた口座の未収金万円を、彼(39才)が立て替えてあげてすぐに、彼女(39才)は体調を崩して店を休んでいました。
 彼が彼女の自宅に電話を入れると、本当に体調が思わしくないようでした。彼女は、働きに出れないと彼に借りた金を返せないことを気にしていました。
 「とにかく、今は体を良くすることが先決や。金のことは気にせんでええ。ようなったら連絡しておいで。又、店へ行ってあげるから」彼はそう言って、電話を切ったのでした。
 それからひと月。彼女からは何の連絡も入りませんでした。店には「辞める」と言ってよこしていました。 「そんなに具合が悪かったのか?」彼は彼女の身体のことが心配になり、彼女のマンションへ様子を見に行ったのです。
 すると何と彼女と子供達はそのマンションにはもういませんでした。引っ越していたのです。彼の顔を見知っていた家主さんが、彼女の移転先を快く教えてくれました。
 彼は、彼女が彼を騙し、金を巻き上げて逃げたとは到底思えませんでした。ただ、何かの事情があって引っ越したのならば、何故そのことを連絡してくれなかったのか、それだけがとても淋しい思いに駆られたのでした。

 彼女(39才)の引っ越し先は、既に見知っていた家主さんが教えてくれました。
 引っ越したということは、何か事情があったに他なりません。
 彼(39才)は立て替えた百万円のことより、彼女がそうした事情の相談も、引っ越すという事実も、何も言ってこなかったことがとても淋しく思えたのでした。 
 彼は、結局、彼女の転居先へは訪ねていきませんでした。彼女が連絡を寄こしてこない以上、新しい住いに訪ねていって、まるで百万円を催促しにきたように受け取られることが嫌だったのです。今、彼女はきっと別の店で働いているに違いありません。
 彼は、その新しい勤め先で、何食わぬ顔をして彼女と再会することを望みました。 だから、彼は当社にやってきた時、こう言ったのでした。
 「部屋へ訪ねていくのは簡単ですけど、それでは彼女の方が困ってしまうでしょう。僕としては、金のことより、何故連絡してこなかったのかということの方が気がかりです。部屋に押しかけるより、店で会った方が彼女も気が楽だと思います。ですから、今勤めている店がどこなのかを知りたいんです」
 「それでしたら、彼女を尾行するしかありませんねぇ」私はそう答えました。 翌日、私は彼女のマンションへ下見に行きました。マンションはオートロックになっており、彼女の部屋は五階にありました。
 彼女の写真がないため、マンションの出入口では彼女を特定できません。私は、彼女が部屋から出てくるところが見え、なおかつ彼女に気づかれない張り込み場所を探しました。それが済むと、車両とバイクをどの位置に配置しておけばよいかを考えました。彼女が徒歩と地下鉄を使っても、あるいはタクシーで出勤しても、また自転車に乗っていっても対応できるように考えておかねばならなかったからです。 
 尾行班の配置場所を確定し終わると、彼女の部屋の近くで、彼女が出てくるのを待ちました。できれば顔を確認しておきたかったのです。しかし、二時間待っても彼女は姿を現わしませんでした。私は、その日は彼女の顔確認を諦め、翌日尾行を決行するよう、尾行班に指示したのでした。  尾行決行当日、尾行班は彼女が同伴や美容室へ行くことも考えて、早めに張り込みを開始しました。
 二、三時間は彼女の部屋の前では動きがありませんでした。 
 午後四時ごろになって、下の子供達と覚しき中学生と小学生が学校から帰ってきました。彼女はまだ出てきません。
 五時半ごろ、上の娘さんと末っ子の男の子が部屋から出てきました。
 二十分程して、二人は戻ってきました。しかし、彼らはなんと、足を骨折してギブスをはめた中年女性を乗せた車椅子を押していたのです。部屋に入る時、先に入ろうとした末っ子に上の娘さんが、「お母さんを先に入れたらなあかん!」と叫びました。
 彼女は、足の骨折のため療養中だったのです。
 さっき出ていった上の娘さんと末っ子の男の子が、足を骨折してギブスをはめた中年女性を車椅子に乗せて帰ってきました。
 彼らはマンションの中に入り、彼女を車椅子に乗せたままエレベーターに乗り込みました。自分達の部屋の前まで来ると、上の娘さんが車椅子から彼女を抱きかかえてドアの中に入ろうとしました。その時、末っ子が我先に入ろうと二人を押しのけたので、「あかん!お母さんを先に入れたげな!」と、姉にたしなめられていました。
 足を骨折して抱きかかえられた中年女性こそが彼女(39才)であることは明らかでした。
 この状態では、彼女はとても働きには出れません。私達はそれを確認して、張り込みを解除したのでした。 翌日、私はこうした彼女の状況を依頼人(39才)に報告しました。
 「そうでしたか。足の骨を折っていたんですか。そういうことなら、足が治るころまで、彼女からの連絡をもうしばらく待ってみます」彼はそう言って帰っていきました。
 私は、世の中にはなんと心の広い、暖かい人がいるんだろうかと、彼の後姿を見送ったのでした。

<終>
スポンサーサイト

[コメント]

↓コメント投稿はこちらからどうぞ

管理者のみ表示。

[Trackback]

Menu

プロフィール

佐藤あつ子

Name:佐藤あつ子
大阪府出身。奈良教育大学を卒業後、自らの「思い出の人を探したい。しかし、あまりにも料金が高すぎる」という経験から、従来のイメージを払拭した調査業者を目指し、昭和63年10月「初恋の人探します社」を創業。思い出の人探し(所在調査)をはじめ、家系図調査、企業調査など、長年培ったノウハウを元にした独自の調査方法で、判明率は90%以上を誇る。
また執筆活動においても大阪新聞に連載された「秘密のあつ子ちゃん 美人探偵・調査ファイル」のエピソードをまとめた「初恋の人、探します」(遊タイム出版)が、日本リスクマネジメント学会第3回RM文学賞を受賞。平成10年には松竹新喜劇において、同書を原作にした舞台「初恋の人探します社」(渋谷天外脚本)が上演された。
その他にも、ラジオ・テレビ出演、雑誌寄稿、起業家への創業支援や大学でのアントレプレナー養成などでの講演など、各分野において精力的に活動している。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。